日本眼腫瘍学会
理事長 古田 実

 このたび,初代の後藤 浩先生,前任の小幡博人先生の後を継ぎ,3代目の理事長職を拝命いたしました.日本眼腫瘍学会は昭和58年に研究会として発足し,年一回の学術大会を重ねながら,平成23年の福島大会からは学会に改組されました.私たちが主に取り組んでいる疾患は,小児と成人に生じる眼球内と眼球外(眼瞼,眼表面,眼窩,視神経,涙器)の良性および悪性腫瘍と,腫瘍との鑑別を要する様々な炎症性疾患です.眼部は全身の中でも特に多彩な組織で構成されており,発症頻度は希少ながら,疾患のバリエーションに富む特徴があります.現在,会員の90%以上は眼科医で構成されており,視機能,整容,生命が守られるよう日々の診療と研究にあたっています.
前理事長のご尽力で学会誌が刊行されるようになり,私どもの活動が記録されるようになりました.眼科医療のみらならず,社会に貢献しうる学術団体として着実に成長を遂げて参りましたが,全身に比較すれば眼部という狭い範囲を扱う希少性のため,まだまだ社会的認知度や情報発信力は高くはありません.今後ますます患者さんや国内外への情報発信と後進医師育成の基盤が整うよう,微力ながら尽くしたいと考えております.

平成29年9月吉日